格安SIMでLINEモバイルを選んだ理由は、その安さ!

格安SIMでLINEモバイルを選んだ理由は、その安さ!



格安SIM会社 データSIM データSIM+通話
金額 データ量 金額 データ量
LINEモバイル 500円 1GB 1,200円 1GB
楽天モバイル 525円 低速無制限 1,250円 低速無制限
UQモバイル 980円 3GB 1,680円 3GB
Y!mobile 1,980円 1GB 2,980円 1GB
mineo 700円 0.5GB 1310円 0.5GB
 

格安SIMを契約するときに、一番気になることは?
「どの格安SIM会社が一番安いのかな?」
「どの格安SIM会社が一番得なのかな?」
「結局、どの格安SIM会社が一番いいのかな?」
ということに悩むと思います。
実際、私も親へ格安SIMのスマホを持たせようと決めた時に、悩んだことです。

料金が一番安いところ。

数ある格安SIMの会社で、格安と言っている以上、一番安い格安SIMとの契約をしなければ、意味がありません。
ですから、一通り調べました。
そこで、私が一番だと判断したのが「LINEモバイル」でした。

料金に差があるのには、それぞれの理由があります。

料金に差があるのには、それぞれの理由があります。
格安SIM会社ごとに、独自のサービスを打ち出してきます。
オプション料金で通話が5分間何度かけても無料であったり、使用通信量が多かったり、様々です。
しかし、そのどれもを補うのが「LINEモバイル」だと確信しています。

しいて欠点を言うとすれば、電波の届きにくい場所に住んでいて、通話を頻繁に利用する人。
ですかね?
LINEモバイルは、LINE電話を無制限に利用できる利点があるため、私はLINE電話にしました。
通話品質もあまり気になりません。
でも、LINE電話の電波状況の悪い環境の場合、少し物足りないかもしれませんね。

ただし、docomoやsoftbank、auといった、三大キャリアを利用していても同じ状況の場合もありますよね。

データだけであれば料金が月額500円。
最安値の格安SIMを探しているのであれば、LINEモバイルですね。

関連記事

  1. LINEモバイル 最大3ヶ月無料キャンペーンがうれしい!
  2. LINEモバイルにも登場!10分電話かけ放題オプション。
  3. 年配の親に格安スマホが必要な理由とは?
  4. 親にLINEモバイル。その逆、親にLINEモバイルをねだる方法。
  5. LINEモバイルで使わなかったデータ量は繰り越し?
  6. 格安SIMの通話料は三大キャリアと比べて高いの?
  7. LINE RECORDSで親の時代のアナログ盤レコードが聴けるかもね。
  8. LINEのビデオ通話の通信量のお話。
  9. 母親の姉(82歳)もLINEモバイルを購入。
  10. 親にLINEモバイルを渡す前にあらかじめ設定したこと。