図解入りでわかりやすくLINEモバイルの登録手順を作りました。

図解入りでわかりやすくLINEモバイルの登録手順を作りました。

親にLINEモバイルを購入しようとした際に、図解入りのLINEモバイル登録方法が欲しいと思って、結構探したんですが、見つからなかったので自分で作ってみました。
わかりづらい点があったら、コメントにでも書き込んでください。
(画像は、2017年1月30日現在の画面です。)

 

今回の契約内容はコチラ。
・スマホ本体はLINEモバイルで新品を購入しています。
・MNP(電話番号そのまま)は利用しませんでした。
・LINEフリー 1GB データ+SMS+音声通話(月額1,200円)を契約します。

契約前にあらかじめ準備しておくものはコチラ。

・メールアドレス(確認用)
・支払い用クレジット情報
・証明書類 (下記のいずれかを用意します。)

運転免許証
運転経歴証明書
日本国パスポート+補助書類
在留カード
特別永住者証明書
住民基本台帳カード
健康保険証+補助書類
後期高齢者医療被保険者証+補助書類
届出避難場所証明書
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保険福祉手帳
特定疾患医療受給証+補助書類
特定疾患医療登録者証+補助書類

のいずれかを画像形式で申請するパソコンへ保存しておきましょう。

※補助書類(書類に記載の住所が最新ではない場合は必要)

公共料金領収書
住民票

① LINEモバイルTOP画面

まずLINEモバイルのサイトを開きます。
LINEモバイル公式サイト
(別画面で開くようにしています)


これがLINEモバイル公式サイトのトップ画面です。
右上の「申し込み」をクリックしましょう。

 

② 申し込み前の確認


すると、申し込み前に必要な情報画面が出てきます。
MNPを利用する場合は、それぞれのキャリアからMNP予約番号を取得しておくことが必要です。
今回は、新規電話番号で申請をするため、こちらでは説明を控えさせてもらいます。

必要なものは、先に書いておきましたから、ここはさっと見る程度でOKかと思います。
もちろんしっかり読んだ方がいいですが・・
下の方に行くと、こんな画面になります。


一番下の緑部分、「上記次項に同意のうえ申し込み」をクリックします。

③ 申し込み種類の選択

次の画面では、「通常申し込み」か「コードを使用して申し込み」かの選択です。
※ どちらかをクリックすると、選択した方が緑に反転します。
「通常申し込み」の場合は、そのまま通常申し込みを選択して次に進むをクリックすればOKです。
「コードを使用して申し込む」の場合ですが、このコードは、エントリーコードと言って、16ケタのコードをいいます。
特典として、登録手数料(3,000円+税)が無料になります。
Amazonで販売されている『エントリーパッケージ』を購入すると、そこにエントリコードが書かれているため、その16ケタを入力すればいいようですが、私は利用しませんでした。

下の緑部分、「次へ進む」をクリックします。

④ プランの選択

ここでは、プランの洗濯をします。
一番重要な部分ですから、間違いのないようにしましょうね。

まずは「申し込み内容選択」です。

1) 「端末+SIMカード」 → 新しくスマホ本体も購入する人はコチラですね。
2) 「SIMカードのみ」 → 使っていないスマホを利用する場合は、コチラですね。

私はスマホ本体も購入するので、左側の「端末+SIMカード」を選択しています。

少し下へスクロールしましょう。

⑤ 端末選択

ここでは端末の選択ができます。
私が親の携帯に格安スマホを選び、その中でもLINEモバイルを選んだ理由の一つが、この端末の安さです。
少し見にくいかもしれませんが、金額は左上から右に順に。(2017年1月30日現在)

FUJITSU arrows M03/16GB 32,800円

FUJITSU arrows M02/16GB 29,800円

HUAWEI P9lite/16GB 24,800円

ZTE Blade V7lite/16GB 19,800円

ZenFone3/32GB 39,800円

ZTE Blade E01/8GB 13,800円

です。
ちなみに私はもちろん「ZTE Blade E01/8GB 13,800円」一番安いスマホを購入しました。
ケチもあるかもしれませんが、スマホの持っている機能を全て使いこなすことは決してないので、一番下ランクののスマホでも親からすれば十分なんです。

スマホの選択、色の選択が終わったら、少し下へスクロールしましょう。

⑥ プラン選択

ここでは、初めて契約プランの選択をします。


私は、「LINEフリープランのデータ(1GB)+SMS+音声」の契約です。
ここで注意してください。
LINEフリープランのデータ容量、「1GB」の部分ですが、一つしかありませんが、選択しなくてはいけません。
選択をせずに、次の画面に行こうとすると、プラン選択漏れで、エラーになります。
私は、選択する(選択できる)とは知らず、ずっとここで悩んでしまいました。


プランの選択が終わったら、少し下へスクロールしましょう。


⑦ SIMサイズの選択

ここでは、SIMのサイズが通常より小さいSIM(ナノSIM)を使用する場合に選択をします。
ここでスマホを購入する場合は、自動表示されるので、そのまま下へスクロールですね。
中古のスマホを持っていて、それを利用する場合。
そして、その使用しているスマホに差し込むSIMサイズが小さい場合は、選択してください。

⑧ オプションの選択

次に、オプションが必要な場合は、こちらで選択します。
ちなみに私は必要がないと判断したので、一つも選択しませんでした。

SIMサイズ、オプションの選択が終わったら、少し下へスクロールしましょう。

下部に、料金が表示されます。
これは安心ですよね。
確認が出来たら、「次へ進む」をクリックします。

⑨ 申し込み区分の選択。

ここでは、「新規に申し込み」か「他社からの乗り換え」かを選択します。
電話番号をそのまま利用したい、MNPを利用する場合だけですね。
他社から乗り換える人が全て右側を選択するわけではありません。

MNPを利用する人だけが右側を選択
します。

 

今回、softbankをやめて、新たな番号でLINEモバイルを契約するうちの親の場合、左の新規を選択します。
申し込み区分の選択が終わったら、「次へ進む」をクリックします。


⑩ お客様情報入力

ここで個人情報を入力します。
いわゆる契約者ですね。
支払いをする人ですね。
使用者ではありません。(※使用者情報は必要なしです)
私は、今回の契約は、親ではなく、私の名義で登録をしました。
入力、選択する内容は以下の通りです。

・「契約者名」(姓・名)
・「契約者名(カタカナ)」(姓(カタカナ)・名(カタカナ))
・「性別」※選択
・「生年月日」※選択
・「郵便番号」
・「住所」
・「電話番号」
・「メールアドレス」
・「メールアドレス」(確認用)
・「お知らせメール通知」※選択

利用者の設定について

これは、利用者と契約者が同じか、違うかの選択です。
契約者が私。
利用者が親。
ということで、右側の「利用者と契約者が違います。」を選択します。
※ 画像では左側の「利用者と契約者が同じです。」になってしまっています。

契約内容の確認方法について

契約内容をどう受け取るかですね。
紙媒体で必要がない人は、「電子交付(ウェブ表示)」を選択。
印刷されrている契約内容が欲しい人は、「書面交付(郵送)」を選択します。
パソコンでいつでも確認できる「電子交付(ウェブ表示)」を私は選択しました。

規約について

規約についての同意ですね。
全部で4つです。

「利用規約の確認」
「個人情報の取り扱いの確認」
「重要事項説明の確認」
「カウントフリー説明の確認」

面倒ですよね。
この規約って。
でも、読まなくてもいいですよ。
とは言えないため、出来る限り読むことをお勧めします。

読んで、同意した場合、

ㇾ 利用規約に同意する
ㇾ 個人情報の取り扱いに同意する
ㇾ 重要事項説明に同意する
ㇾ カウントフリー説明に同意する

それぞれをチェックします。


確認が終わったら、「次へ進む(メールアドレス確認)」をクリックします。


「⑩お客様情報入力」の入力したメールアドレス宛に、メールが届きます。
そのメールを確認します。
この画面は、閉じてしまっても構いません。

届くメールは、こんなメールです。


本文中にあるURLをクリックすることで、本人確認の書類をアップデート(提出)する画面に行くことができます。
クリックすると、以下のような画面がサイトが表示されます。

⑪ 本人確認書類の送信

ここでは、あらかじめ用意した本人を証明する書類の画像をアップデートして、LINEモバイル側へ送信します。
ここでも、契約者の身分証明書が必要で、利用者の身分証明書は必要ありません。
ちなみに、私は免許証をスマホで撮影して、パソコンへ送っておきました。

画像のアップデートが終わったら、最下部の「進む」をクリックします。

⑫ 支払い方法を選択

ここでは、支払い方法を選択します。
支払い方法は、2種類です。

① クレジット払い(VISA、マスター、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナーズクラブ)
② LINE Pay払い
私は、クレジット払いを選択しました。

もちろん親のクレジットカードではなく、契約者である私のクレジットカードです。
「② LINE Pay払い」ですが、LINEが提供している支払いシステムですね。
LINE Payへ登録して、クレジット情報を登録して、自動引き落としにするか(結局クレジット払いと同じですね)、銀行口座を登録して、LINE Payへチャージして支払うかのどちらかです。

私は「② LINE Pay払い」は面倒なので、「① クレジット払い」を選択しました。



「クレジットカード/LINE Pay カード」
「LINE Pay カード」
と同じものが表示されていて、少しわかりずらいですが、「クレジットカード/LINE Pay カード」のLINE Pay カードは、クレジットカードと連携。
「LINE Pay カード」のLINE Pay カードは、銀行口座との連携と考えてください。

選択が終わったら、「確認」をクリックします。

ちなみに、私は「クレジットカード/LINE Pay カード」ですから、「LINE Pay カード」払いの場合の画面は、申し訳ありませんが、用意できませんでした。

⑬ クレジット情報の入力

ここではクレジット情報を入力します。
支払い用のカードを用意していれば、入力は4つなので、簡単です。
情報を入力したら、「登録する」をクリックします。


最終確認ですね。
「次へ」をクリックしてください。


支払い方法が表示されます。
間違いなければ、「進む」をクリックします。

⑭ ログインIDとログインパスワードの設定

ここでは、自分用のLINEモバイルサイトへログインするための、「ログインID」と「ログインパスワード」を設定します。
自分で決めることができますから、なんでもいいと思います。
但し、設定したIDやパスワードは忘れると面倒ですから、管理はしっかりしましょう。

でも、簡単なパスワードで管理したりすることは極力避けましょうね。

「ログインID」
「ログインパスワード」
「ログインパスワード」(確認用)

を入力したら、「次へ進む」をクリックします。

⑮ 最終確認画面

最終確認画面が表示されます。
間違いがないか、チェックしましょう。
間違いがなければ、「申し込む」をクリックしましょう。


お疲れ様でした~。

これで、あとは商品が届くのを待つだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts

    関連記事

    1. LINEモバイルにも登場!10分電話かけ放題オプション。
    2. 年配の親に格安スマホが必要な理由とは?
    3. 親にLINEモバイル。その逆、親にLINEモバイルをねだる方法。
    4. LINEモバイルで使わなかったデータ量は繰り越し?
    5. 格安SIMでLINEモバイルを選んだ理由は、その安さ!
    6. 格安SIMの通話料は三大キャリアと比べて高いの?
    7. LINE RECORDSで親の時代のアナログ盤レコードが聴けるかもね。
    8. LINEのビデオ通話の通信量のお話。
    9. 母親の姉(82歳)もLINEモバイルを購入。
    10. 親にLINEモバイルを渡す前にあらかじめ設定したこと。